家造りについて

コンセプト

施主とじっくり話し必要な時間をかけて家造りをしていきます。
家族にとって何が必要で、何が不必要なのか意見を出し合いながら
『光と風』を上手く取り込める工夫ができれば
家族にとって使い易く、快適なお家造りが出来ると思います。

どんな間取りにするか、どんな素材で仕上げるか人によって変わります。
フローリングを使いたい、無垢の床にしたい、壁紙を使う、珪藻土などを使う
色々な組合せがあります。もちろん、予算に合せて組み合わせて行きます。
単純に安ければ良い!ではなく
強度(耐震性能・耐久性能)、省エネ(断熱等)、安全(健康に害がない)
この3点はコストダウンをしたくない部分です。

今は工業製品に囲まれ完成品を何でも手に入れる事が出来る、
使い捨ての物が多くなった時代ですが
家は10年・20年…50年と長く住んでもらいたいので、
家族の成長に合わせて一緒に成長して
変化していける家造りをしていきたいと思います。

このページの上へ戻る