家造りについて

木は火に強い?

木造建築には火に弱いというイメージがあります。
しかし、適切な断面を持った木材は意外に「耐火性がある」のです。
断面が5×10pの木の梁を同程度の鉄やアルミと共に温度を上げていきながら
強度変化を観察したデータによると鉄は5分(約500℃)で加熱前強度の40%、
10分(約700℃)で10%にまたアルミは3分(約400℃)で20%になり、
5分以内に溶融する。
木の梁は温度が上昇するにつれ徐々に強度は低下するが15分(約800℃)以上に
なっても60%の強度を維持しており、はるかに鉄やアルミより丈夫木材は
金属と違って高温でも軟化する事はありません。
木材の強度が下がるのは表面が焦げて梁が細くなったからであり、
木材内部の強度低下があったわけではありません。
特に梁のように太い木材は表面が焦げるだけで、内部まではなかなか燃えません。
(樹種によって違いますがJIS−A1304の標準加熱条件では炭化速度は
0.6〜0.7o/分程度)炭化した部分の熱伝導率は木材の1/3〜1/2程度で、
これが遮熱効果を発揮し、ますます燃えにくくしています。
従って木造建築は万一の火災時でもすぐに崩壊せず、避難時間を確保できるのです。
この事は、建築基準法でも認められています。
昭和62年に改訂された建築基準法では、このような大断面木材を使用した
木造建築物の防耐火性能を評価し一定の防火措置を講じた木造建築物に対し、
木造建築物の高さ制限や防火壁設置義務に対する緩和を認めています。
更に「燃えしろ」が定められています。準耐火構造に用いる大断面木造の柱・梁に対し
45分準耐火では35o、60分準耐火では45oの燃えしろが定められています。
これらの値に基づいた燃えしろ設計と接合部の防火措置を行うことにより、火災による
建物全体の倒壊を一定時間防ぎ、大規模な火災に至らない配慮がなされています。

このページの上へ戻る